私たちが“0”から作り上げたものってなんだろう。
カタチのないものを追いかけて、迷って、怖くて、泣いて―
そんな“0”から逃げ出したいって。
でも、何もないはずなのに、いつも心に灯る光。
この9人でしか出来ない事が必ずあるって――
信じさせてくれる光。

002.jpg

『ラブライブ!サンシャイン!!』めっちゃ面白かった……!

正直、前作の2期や劇場版でコンテンツ自体に期待はまったくしてなかったけれど
知人たちの評判もよかったので見てみたらこれがとにかく面白い。
2回に分けて一気見したけれど、残されたのは2回とも号泣する大のおっさん。

とにかくそれほどまでに面白い良質なアニメーションだったので思わず記事を書いてしまった。
前作の不信感や諸々の事情でこれを避けるのは正直勿体ないので、是非とも興味を持ってもらいたい。

001.jpg

舞台は前作アニメ『ラブライブ!』のμ'sラストライブ後。
静岡県沼津市の内浦という町の全校生徒が100人にも満たない小さな女子高校で始まる。
ここ浦の星女学院に所属する高海 千歌(たかうみ ちか)は学校の統廃合を阻止するため
親友で幼馴染の渡辺 曜(わたなべ よう)を誘ってスクールアイドル部を設立する。
004.jpg

そこから紆余曲折を経てメンバーを増やしてラブライブ!を目指すのは前作と同じ流れを
組んでいるのだけれど、ならば何がそこまで自分をハマらせたのかってやっぱり

とにかく主人公がしっかりリーダーをやっている点。
この一言に尽きる。

前作『ラブライブ!』だと、原作となる設定ありきのアニメだったのもあって
主人公かつ神である高坂穂乃果を中心としたμ'sの神話だったけれど
今作ではキャラクターも一新したことによって設定に縛られることなくキャラクターを動かせていた印象。


(ちな、ここから先8話までのネタバレするから出来れば本編をそこまで見てほしい……!)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


個人的に一番の回はメンバーも6人集まっていざ東京のイベントに乗り込んだ第8話。
負けじと自分たちの精一杯のパフォーマンスを披露するも、結果は30ユニット中30位。
Aqoursに投票した来場者は“0”人という現実を突きつけられて内浦へ帰るという
「あと5話しか残ってないのに、お前それ8話でやるの!?」って回。

千歌「精一杯やって努力して、頑張って東京に呼ばれて、それだけで凄いと思う。
私たちの精一杯をやったんだから胸を張っていいと思う。
みんなであそこに立てて満足だよ!」


005.jpg

曜「……千歌ちゃんは悔しくないの?」
帰りの社内にこの一言が重くのしかかり、その後メンバーたちは帰路につき、一人海に佇む千歌。
006.jpg

千歌「何も見えなかった。でも、だから思った。続けなきゃって。
私まだ何も見えてなかったんだ。まだ先にあるものが。
このまま続けても“0”なのか、それとも“1”になるのか、“10”になるのか。
ここでやめたら全部分からないままだって。
だから私は続けるよ、スクールアイドル。
だってまだ“0”だもん!


……“0”なんだよ。
あれだけみんなで練習して、みんなで歌を作って――
衣装も作って、PVも作って――
頑張って頑張ってみんなに良い歌聞いてほしいって――
スクールアイドルとして輝きたいって。」


007.jpg

「なのに“0”だったんだよ!?
悔しいじゃん!!
『差が凄いある』とか『昔とは違う』とか!
そんなのどうでもいい!!……悔しい!!
やっぱり私……悔しいんだよ……!」

008_201710080342124ab.jpg

「だって私が泣いたら、みんなが落ち込むでしょ……?
今まで頑張ってきたのに、折角スクールアイドルやってくれたのに……
悲しくなっちゃうでしょ……?
だから……!だから……!!」


ここまで言える主人公を久しぶりに見た。

何かを作り上げるのは大変な事で、ましてや他者に評価してもらうのはとても勇気のいる事で
「表現」なんてものは自己満足で終わっていれば本当に幸せな世界にいられるわけなんだけど
それをすべて否定されても真っ向から「悔しい」と言えるのは彼女の心の強さだと思うし
悔しさを思うまま撒き散らすのではなく、後輩のために耐えることができる千歌の強さに惚れた。

「作品の中に、確かに彼女たちは生きている」ってのを実感させられたのは久しぶりかもしれん。
『ラブライブ!サンシャイン!!』は8話までかけてようやくスタートラインに立ったという。
なんかもう、頭を鈍器で殴られたような衝撃を受けた。

ここまで思いっきりネタバレを書いたわけだけど、あえて言いたい。
8話まではプロローグだから!!!

『ラブライブ!サンシャイン!!』は神に愛された少女の英雄譚でもないし
特別な才能を持った少女たちが世界へ羽ばたく作品でもなくて
普通の少女たちが、たった一歩前へ進むというだけのアニメだった。

けど、僕たちはその一歩を「たった一歩」と笑い飛ばすことはできないし
13話を走り終えた後、その一歩の重さを噛みしめることになるだろう。

そんなわけで2クール目も始まったことだし、善子の掘り下げや
部活もの定番となる3年生の引退をどう描くかが楽しみでしょうがない。

個人的には果南の一挙手一投足、妻の浮気に頭を抱える曜、μ'sからの巣立ちとか
心に残るシーンが多かったけれど、やっぱり一番心魅かれたのは8話かなあ。
下の右側のシーン全部ボロ泣きしながら観てたし。
そこの羽根の演出は本当に卑怯だと思うし、全体的に前作との距離感が上手すぎる。

017.jpg

スポンサーサイト
2017.10.08 Sun l アニメのおはなし l COM(0) TB(0) l top ▲
DSC_0169~01

『MASTER PRIMAL ROCKIN' RED』と『M@STER SPARKLE 01』買ってきたった。
数年ぶりにレッドスパンコールを着た春香を見た気がする。
個人的に春香単体の衣装としては「パンキッシュゴシック」よりもこっちのレスパのイメージが強い。
(他には「ノエルアンジェリーク」も捨てがたいけれど…)
「スカーレットスプライト」あたりも衣装としてはカッコいいけれど、ここまでくると完全に765離れしてたのもあってあまり記憶がない。
正直、箱の方だとなりふり構わず「インディゴスパングル」や「グリッターインゴット」、「タイガーメイデン」で衣装は固めてた記憶。
2属性強補正の衣装自体は他にもあったけど、春香メインでプロデュースするときはやたらとC&G、C&S系ばかり選んでいたような気がする。当時中学生だった自分的にはC&Fは色物芸人みたいに思えていたのかもしれない。
でも、伊織の「メタリックコスモス」ややよいの「マンダリンヴィーナス」はそれでもカッコいいから、やっぱりキャラによる?
中でも雪歩のC&F系衣装はマジでカッコよかった(断言)

話を戻すけれど、春香=「レッドスパンコール」のイメージが強いのはやっぱりブリステ(ブリリアントステージ)の影響かも。
blli.jpg
箱マスにハマってた頃よりちょっと後に出たイメージだけど、当時学生だった自分にとって一つ8000円近くするフィギュアを買うのはとても勇気のいる行動で、それでも当時春香Pとして「春香の大型フィギュアとか買うしかない!」と一念発起した思い出。
それまでに持っていたアイマスのフィギュアなんて、アルターのFA4シリーズくらいしかなかったからね。
41VWm0yNhGL.jpg

両親に見つかるのを恐れて部屋の影にこっそりと飾って、こっそりと眺める日々。(隠れキリシタンかよ)
今現在では考えられない行動だったけれど、今思い返すとこういう経験も悪いものではないかなって。
ただ、今でもこの時の影響があるのか分からないけど、アニメキャラのグッズを自室以外で広げたり見せびらかしたりするのには抵抗がある。缶バッジでスケイルメイルみたいな装備を作ってる子とかある意味凄いよね。

千早のC&S系はやっぱり「インディゴスパングル」だよね!(唐突に話を戻す)

そういや貴音のレッドスパンコールを見たの初めてだわ。
そもそも貴音をコンシューマ媒体でプロデュースしたこと自体2での数回しかないし……
アケ~箱マスのオーディションにゲーム性を見出していたから、2以降のライブゲームが苦手だったのもあって2自体数回しかプレイしていない……(L4U君は黙ってて)
ここまで打って気づいたけど、貴音の衣装「スカーレットスプライト」のアレンジじゃねーか。

律子のC&Sは「ナイトアンドデイAMCG」が王道なイメージがあったけど、こっちもイケるあたり流石。
今思い返すと箱では本当にお世話になりました。(あと伊織)

このジャケットとはるちは新曲目当て6割でCDを買ったのだけれど、残りの決め手は律子かな。
個人的に複数人で歌うアイマス曲において「春香、千早、律子」の並びがあれば必ず名曲という法則。
M@STER LIVEシリーズから『shiny smile』
(収録CD:『THE IDOLM@STER MASTER LIVE 00 shiny smile』


『SHINY FESTA ハニーサウンド』から『Vault That Borderline!』
(収録CD:『THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+GRE@TEST BEST! -LOVE&PEACE! -』)



はるちはりつの組み合わせ本当に好き。
まあ、はるちは、はるりつ、はるいお、はるあず、はるまこetc...って感じで全員とユニソンできる天海春香ってアイドルが一番やばいってのはあるんだけど。

そんなこんなで買ってきたけれど、どの曲も良い感じ。
1曲目の『BRAVE STAR』からしてどこか懐かしさを感じさせるイケイケのロックで大満足だし。
自分の中でガールズロックといえばPRINCESS PRINCESSのイメージが強いんだけど、今回はその潮流を踏襲しつつも古き良き「THE iDOLM@STERらしさ」ってのを前面に押し出しててとにかくお気に入りの一曲。
はらみーがまたメロディに良い感じで変化を与えてくれていてベネ。

2曲目の『CRIMSON LOVERS』。
待ってましたはるちはの新曲。
視聴の段階で若干不安になってはいたんだけれど、フルで聴くとしっくり来る良曲だった件。
そもそもバックがめっっっっっちゃカッコいいのに合わせて2人の歌声がそれを助長させる感じで、もうそんなレベルで合わせられるのはこの二人しかいないし、もう「二人とも結婚してしまえ」を通り越して「この夫婦最高かよ」ってなる一曲。
前回の『アエイウエオア!』はイチャイチャバカップルみたいな一曲だったのに対して、今回は熟練夫婦のような安定感と安心感を感じさせてくれるイメージ。
『アエイウエオア!』ははるちは勢にとって栄光の頌歌。


3曲目の『聖炎の女神』は普通にめっちゃ良い曲だった。
『CRIMSON LOVER』で力尽きたわけじゃないよ。本当だよ。

ミリオンの話もしてないし、今回ほぼ衣装の話しかしてねえ。
2017.08.23 Wed l アイマス関係のお話 l COM(0) TB(0) l top ▲
DG_av6gV0AAKQEe.jpg

C92お疲れ様でした。
スペースに足を運んでくださった方々、ありがとうございました。
当日は徹夜明けのグロッキーさと緊張でゲロ吐きそうなのもあって
まともに対応できず申し訳ありませんでした。
DG9c8uhUwAE_xTQ.jpg

先日夜にいきなり抽選用の色紙を5枚描くのは間違いなく悪手じゃろ。
折角直接足を運んでくれる方たちのために何かしたいって気持ちは抑えきれなかったし多少はね?
でも、ペーパー内に抽選用紙を挟むのは説明の都合もあって失敗だったかも。
次回やるとしたら別に抽選BOXみたいなものを作りたいところ。

今回、サークル参加にあたって色々準備したつもりだったけれど
結局友人に宣伝、設営も頒布作業もすべて任せてしまった件。
「俺はなんのためにここにいるのだろうか……」と自問自答する2X歳の夏。
この場を借りて改めて友人に感謝。

そんなこんなで売上金を使って冬コミに申込みました。
申し込まなかったらガルパコラボカフェで全額消える予定だったとか言えない。
本の中でも「冬コミに申し込むつもりはない」とは書いたんですけど
会場でビビオペファンの方々と実際に触れ合い、応援の言葉をいただくと
「ここで描かなかったら男が廃る」となって本を出すことに。
流石にこれ以上ぐだぐだするわけにもいかんので、次回で終わらせる予定。
そろそろ単発ものを描きたいし。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
DHBUgoQVoAE_cR6.jpg
国際展示場前のさえかのパネル。詩羽先輩以外に選択肢ないと思うんだけど。
エロゲならともかく、丸戸史明の文体がラノベだと妙にキツくて原作読めなかったのよね。
「じゃあアニメで観よう」と思ったら、キャラデザから深崎暮人の残り香を感じられなかったから解散。
我ながら文句だけは一丁前だな。
そういえばセール中に買ったホワルバ2積んだままだったのを思い出した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
あおいちゃんサマー
新刊用のあおいちゃんサマー(ポニテ)。
わりと自分でも気に入ったのでコピックで着色したけれど、スキャンすると絶妙な色の機微が失せてしまうという……
とりあえずSAIで着色してみたけれど、もう少し薄い感じに塗りたいなあ。
個人的にべったりした塗りが嫌いなのもあってなんとも言えない感じ。
2017.08.17 Thu l 同人イベント関連 l COM(0) TB(0) l top ▲
新刊入稿しました!
とはいえ〆切ギリギリだったので、サンプル分のページをスキャンし忘れるといううっかり……
仕方なくTwitter用に撮った写真をサンプル代わりにペタり。
DSC_0152_2017080913022230b.jpg

【新刊告知】
『キミとの約束を数えよう vol.2』
ビビオペ本
16ページ 300円


コミケット二日目は東D-56a「Primary Colors」でお待ちしております。
会場限定で後書き代わりのペーパーやらミニ色紙を持って行けたらいいなって。(後者は間に合うか不安だけど……)

新刊の前書きにも書いたけれど、これで本編の1/3が終わりました。
先が長い……

振り返ってみると今回は色々あったなあ。
リアルの都合と色々重なって胃と大腸が破壊された結果
ケツからケイオスタイドを垂れ流して便所がバビロニアと化した日が懐かしい……
(※イメージ図)
20170102213850.jpg

何はともあれ、これで一息ついたんでブログも更新していこうかなって。
リトアカやらミリシタとか色々あったしタイミングを見計らって書こうとは思ったけれど
如何せん原稿が終わらないと体裁的にも色々問題があるよねって。
2017.08.10 Thu l 同人イベント関連 l COM(0) TB(0) l top ▲
ブログのPassが発掘できたから心機一転の再スタート。
Twitterだと語りたくても文字数が足りなかったり、タイムラインを考慮して発言を控えたりすることも多かったから、数年ぶりのブログ再開。
ここ数年で「思考の言語化」というものが思っていた以上に下手糞になっていたのも大きいかと。
とりあえず負担にならない程度で、リハビリ兼日記帳代わりになればなーって。

■ブログタイトルのおはなし
『Vivid Girl Audition』は知人に薦められて観てた『アイカツ!』で出てきたオーディション名から。
もっといい感じのが出てきたらまた変えるかも。

最近ニコ○コ動画運営に若干げんなりしてきたから、解約ついでにAmazon Primeに登録。
映画やドラマ目当てで登録したんだけど、たまたまラインナップに『アイカツ!』があったから少しずつ視聴の日々。
第7話 『つぶやきにご用心』まで視聴したけど、これはなかなか面白い。
周りからの話を聞いて狂気に満ち溢れた世界を想像し恐々としていたけれど、1話1話が丁寧に作られてる。
同じ女児向けアイドルアニメに『プリパラ』があるのだけれど、常にコカインキメてるようなあいつらとは打って変わって良い子たちばかりで驚き。(そうだよ、そういうので良いんだよ。むしろあのアニメはどこに向かって行っているのか)
#5『ラン! ランウェイ!』#6『サインに夢中!』がここまでのヒット(特に後者)
#5『ラン! ランウェイ!』は話の構成がめっちゃ綺麗に収まってて、初登場の紫吹蘭ってキャラを30分で魅力的に描いてて素敵。
クレジットの脚本を見たら高橋ナツコの名があって驚き。(相変わらず少女×少女だと上手いっすね)
005ab.jpg

#6『サインに夢中!』は内容がめっちゃ良い。
自分のサインを考えたけれど、「書くまでに時間がかかる」という欠点を「更に早く書けるようになる」特訓をするという考えたが好き。
でももっと好きなのは、もっと大事なことをいちごが学ぶシーン。
「誰にサイン描いてんだ?」
「ファンはなんでここに来たんだ?星宮のサインが欲しくて来たんじゃない。アンタに会いに来たんだ」
「そのまま顔上げてな。サインなんて不恰好になってもいいんだ」

006a.jpg
序盤だから特別そう感じるのかもしれないけど、主人公がアイドルとして大事なことを学んでいく過程を懇切丁寧に描いていくのが素晴らしい。「アイドル活動」の名に恥じぬ良いシリーズ構成だと思う。(ここらへんが長期アニメの強みよね)
アイドル育成校である私立学校スターライト学園に飛び込み、初めてだらけの芸能界に触れていくいちごの姿に視聴者は感情移入していくわけで、だからこそ1話1話の歩幅がとても心地よい。
果たしてシーズンが終わるころにはどうなってしまっているのだろうか……

というかいつの間にか『アイカツ!』の話になってるやんけ。
とりあえず今日はここまで。
2017.06.19 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲