DSC_0169~01

『MASTER PRIMAL ROCKIN' RED』と『M@STER SPARKLE 01』買ってきたった。
数年ぶりにレッドスパンコールを着た春香を見た気がする。
個人的に春香単体の衣装としては「パンキッシュゴシック」よりもこっちのレスパのイメージが強い。
(他には「ノエルアンジェリーク」も捨てがたいけれど…)
「スカーレットスプライト」あたりも衣装としてはカッコいいけれど、ここまでくると完全に765離れしてたのもあってあまり記憶がない。
正直、箱の方だとなりふり構わず「インディゴスパングル」や「グリッターインゴット」、「タイガーメイデン」で衣装は固めてた記憶。
2属性強補正の衣装自体は他にもあったけど、春香メインでプロデュースするときはやたらとC&G、C&S系ばかり選んでいたような気がする。当時中学生だった自分的にはC&Fは色物芸人みたいに思えていたのかもしれない。
でも、伊織の「メタリックコスモス」ややよいの「マンダリンヴィーナス」はそれでもカッコいいから、やっぱりキャラによる?
中でも雪歩のC&F系衣装はマジでカッコよかった(断言)

話を戻すけれど、春香=「レッドスパンコール」のイメージが強いのはやっぱりブリステ(ブリリアントステージ)の影響かも。
blli.jpg
箱マスにハマってた頃よりちょっと後に出たイメージだけど、当時学生だった自分にとって一つ8000円近くするフィギュアを買うのはとても勇気のいる行動で、それでも当時春香Pとして「春香の大型フィギュアとか買うしかない!」と一念発起した思い出。
それまでに持っていたアイマスのフィギュアなんて、アルターのFA4シリーズくらいしかなかったからね。
41VWm0yNhGL.jpg

両親に見つかるのを恐れて部屋の影にこっそりと飾って、こっそりと眺める日々。(隠れキリシタンかよ)
今現在では考えられない行動だったけれど、今思い返すとこういう経験も悪いものではないかなって。
ただ、今でもこの時の影響があるのか分からないけど、アニメキャラのグッズを自室以外で広げたり見せびらかしたりするのには抵抗がある。缶バッジでスケイルメイルみたいな装備を作ってる子とかある意味凄いよね。

千早のC&S系はやっぱり「インディゴスパングル」だよね!(唐突に話を戻す)

そういや貴音のレッドスパンコールを見たの初めてだわ。
そもそも貴音をコンシューマ媒体でプロデュースしたこと自体2での数回しかないし……
アケ~箱マスのオーディションにゲーム性を見出していたから、2以降のライブゲームが苦手だったのもあって2自体数回しかプレイしていない……(L4U君は黙ってて)
ここまで打って気づいたけど、貴音の衣装「スカーレットスプライト」のアレンジじゃねーか。

律子のC&Sは「ナイトアンドデイAMCG」が王道なイメージがあったけど、こっちもイケるあたり流石。
今思い返すと箱では本当にお世話になりました。(あと伊織)

このジャケットとはるちは新曲目当て6割でCDを買ったのだけれど、残りの決め手は律子かな。
個人的に複数人で歌うアイマス曲において「春香、千早、律子」の並びがあれば必ず名曲という法則。
M@STER LIVEシリーズから『shiny smile』
(収録CD:『THE IDOLM@STER MASTER LIVE 00 shiny smile』


『SHINY FESTA ハニーサウンド』から『Vault That Borderline!』
(収録CD:『THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+GRE@TEST BEST! -LOVE&PEACE! -』)



はるちはりつの組み合わせ本当に好き。
まあ、はるちは、はるりつ、はるいお、はるあず、はるまこetc...って感じで全員とユニソンできる天海春香ってアイドルが一番やばいってのはあるんだけど。

そんなこんなで買ってきたけれど、どの曲も良い感じ。
1曲目の『BRAVE STAR』からしてどこか懐かしさを感じさせるイケイケのロックで大満足だし。
自分の中でガールズロックといえばPRINCESS PRINCESSのイメージが強いんだけど、今回はその潮流を踏襲しつつも古き良き「THE iDOLM@STERらしさ」ってのを前面に押し出しててとにかくお気に入りの一曲。
はらみーがまたメロディに良い感じで変化を与えてくれていてベネ。

2曲目の『CRIMSON LOVERS』。
待ってましたはるちはの新曲。
視聴の段階で若干不安になってはいたんだけれど、フルで聴くとしっくり来る良曲だった件。
そもそもバックがめっっっっっちゃカッコいいのに合わせて2人の歌声がそれを助長させる感じで、もうそんなレベルで合わせられるのはこの二人しかいないし、もう「二人とも結婚してしまえ」を通り越して「この夫婦最高かよ」ってなる一曲。
前回の『アエイウエオア!』はイチャイチャバカップルみたいな一曲だったのに対して、今回は熟練夫婦のような安定感と安心感を感じさせてくれるイメージ。
『アエイウエオア!』ははるちは勢にとって栄光の頌歌。


3曲目の『聖炎の女神』は普通にめっちゃ良い曲だった。
『CRIMSON LOVER』で力尽きたわけじゃないよ。本当だよ。

ミリオンの話もしてないし、今回ほぼ衣装の話しかしてねえ。
スポンサーサイト
2017.08.23 Wed l アイマス関係のお話 l COM(0) TB(0) l top ▲