『STEINS;GATE』第1話の復習とキーワード

五月一日個人サークル『Blooming high!!』のページ
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/10(日)
さてさて、今期アニメもちゃくちゃくと始まり各所で萌豚、売上厨等と言った有象無象が跋扈し始めましたね。
とりあえず私もいくつか視聴していますが、今期は『TIGER&BUNNY』『スイートプリキュア♪』が熱いです。
『STEINS;GATE』(以下、シュタゲ)とは2クール視聴契約を結んでいるのでこれらは切る予定無しですね。

さて、日曜までに『スイートプリキュア♪』の良さを語り尽くしたいのですが、今回はあのアニメを紹介したいと思います。
原作ゲームの圧倒的なクオリティの高さから放送前までいたるところで騒がれていた『STEINS;GATE』
原作プレイ組は勿論、未プレイ組も期待していたこの作品ですが、未プレイ組からしたら
その密度の高さから1話の内容をあまり理解出来なかった方も決して少なくないはずです。

そんなワケで、今回は『STEINS;GATE』簡単な紹介見所1話の復習をしたいと思います。
もちろん、作品の楽しみがそがれるのでネタバレは一切無しの方向で。
とりあえずこれを読んでおけば2話からでも楽しめるように書いていきたいと思うのですよ。トゥットゥルー♪

分からないことがあったら、どうぞ遠慮無くコメント欄にお願いします。
*【簡単な紹介】
原作は 5pb×Nitro+ が送る『科学アドベンチャー』シリーズの第2弾(第1弾は数年前アニメ化された『CHAOS;HEAD』
『CHAOS;HEAD』と同じ世界観を共有しているけれど、シナリオに関わるような繋がりは無いのでそちらはノーマークでOKです。
(シュタゲのEDテーマや挿入歌を歌っているのが『CHAOS;HEAD』のヒロイン=岸本あやせ(通称FES)って程度です)
X-box360→Windows→PSP(今夏発売予定)の順で原作は商品展開されています。

ストーリー
秋葉原に『未来ガジェット研究部』というヘンテコ発明サークルを構える主人公、岡部倫太郎は厨二病の大学生。
夏休みのある日、「タイムマシン発明成功会見」へ行った岡部はそこで 牧瀬紅莉栖 という少女と出会う。
紅莉栖の謎の発言に岡部は戸惑いその場を後にするが、会見は既に終わってしまっていた。
その瞬間会場に響き渡る何者かの絶叫。岡部は声のする方へ向かうと、そこにはなんと紅莉栖が血まみれで倒れていた。
「牧瀬紅莉栖が何者かに刺された」 親友の 橋田至 に連絡を取ったその刹那、岡部は不思議な感覚に襲われる。
そして辺りを見回すと、秋葉原から人が消えており、ラジオ会館の上に人工衛星が墜落していた。
困惑しながらもサークルラボに戻った岡部はそこでの会話である事実に気づく。
岡部の発言と周りの証言に明らかな齟齬(そご)が発生している、と。
新たな発明品に謎の現象が起こったりとますます混乱する岡部。
実験を切り上げた岡部と至は、大学の単位取得のため秋葉原大ビルで開かれるセミナーへ向かった。
しかし、そこにはなんと刺されて血まみれで倒れていたはずの紅莉栖が立っていた。
一体世界に何が起こっているのか、何故紅莉栖が生きているのか?
紅莉栖を巻き込み、岡部たちが新たに発明した未来ガジェット8号機『電話レンジ(仮)』には
偶然にも岡部たちが意図しなかった驚くべき機能が隠されていた。
世紀の大発明がもたらす悲劇。今、岡部の孤独な闘いが始まる!
神をも冒涜する12番目の理論、それは俺たちの生み出した偶然の産物-

と、まぁ大まかなストーリー(というかイントロ)はこんな感じです。




【第1話の主な登場人物】

岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)
東京電機大学に通う大学生で、このアニメの主人公。ラボメンNo.001
厨二病を併発しており、ときおり携帯電話を取り出して何者かと会話を始めるが、当然相手などいない。
会話を終える際には「エル・プサイ・コングルゥ」と呟く(この言葉に意味など存在しない)
機関と闘っているらしいが、ここでいう“機関”とは、岡部が生み出した空想上の敵対勢力である。
いわゆる「厨二病」設定。
自らが意図しない出来事が発生したとき、岡部は往々にして“機関の妨害”によるものとしている。
自称「狂気のマッドサイエンティスト」鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)である。もちろんこれも厨二病設定。
秋葉原の一角、大檜山ビル2階に存在するヘンテコ発明サークル『未来ガジェット研究部』の創始者。
厨二病ゆえに常に上から目線で悪役っぽく振舞い、空気の読めない性格ゆえ友人は少ない。
しかし、根は善人でお人好しであり、不測の事態に対して素直に怯える気弱さな面も持つ。
かなりのドクターペッパーフリークで、ラボ内の冷蔵庫には常にドクターペッパーがストックされている。
まゆり、至からは「オカリン」と呼ばれる。
☆交友関係
橋田至:同じ大学の友人
椎名まゆり:幼なじみ
天王寺裕吾:未来ガジェット研究所が間借りしている大檜山ビルの大家

椎名まゆり(しいな まゆり)
私立花浅葱大学付属学園の2年生。未来ガジェット研究所のラボメンNo.002。
岡部の幼なじみ。自らを「まゆしぃ☆」と称し、「トゥットゥルー♪」が口癖の少女。
おっとりとした性格かつ、マイペースで天然な楽天家であり、あまり空気は読めない。
ただ、その空気の読めなさから殺伐としたラボの清涼剤的な役割を果たしている。
度々「脳天気」「頭ゆるゆるのおバカさん」等と称されるが意外にも運動神経は良く、すぐ息切れする岡部よりも体力はずっと高い。
趣味はコスプレのコス作りだが、自分でコスプレはしない。コミマでも度々発表している。
好物は唐揚げとバナナ。その他のジャンクフードも好きで食べ物の話題になると途端にご機嫌になる大食家。
故にいつも何かを食べているが、いくら食べても太らない体質。
また、唐突に空に向かって手を伸ばす癖がある。(岡部命名、「星屑との握手(スターダスト・シェイクハンド)」)
「まゆしぃはオカリンの人質なのです」と言って岡部のそばにいるが、その心意は今のところ不明。
☆交友関係
岡部倫太郎:幼なじみ、人質(まゆりからの言い分)
橋田 至:友人

橋田 至(はしだ いたる)
東京電機大学1年生。岡部の数少ない友人の1人。通称「ダル」。未来ガジェット研究所のラボメンNo.003。
日常会話で@ちゃんねる用語を多用し、大型機械や高架下等の無機物にも萌えを見出すというアクティブなオタク。
プログラミング技術やクラッキング技術に長けているスーパーハッカー。
但し岡部からはスーパーハカーと呼ばれておりその度に訂正を求める。
その腕前は本物であり、やすやすと研究機関へのクラッキングも仕掛けられるほど。
また、岡部が提案した未来ガジェットの製作も担当している。
☆交友関係
岡部倫太郎:同じ大学の友人
椎名まゆり:友人

牧瀬紅莉栖(まきせ くりす)
ヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所所属研究員。専攻は脳科学であるが、物理学等にも詳しい。
若くして飛び級でアメリカのヴィクトル・コンドリア大学を卒業した程の才女で、アメリカの有名な科学雑誌に論文が掲載された。
所用で数日のみ来日しており、滞在中に岡部と遭遇する。
どうやら岡部とは初対面では無いらしく、「貴方、さっき私になんて言おうとしたの?」と訪ねてきた。
会見の後、何者かによって刺され血まみれで倒れている姿が発見されるが、第一話の後半で再び岡部の前に姿を現す。

天王寺裕吾(てんのうじ ゆうご)
未来ガジェット研究所階下、大檜山ビル一階で「ブラウン管工房」を経営している中年の大男。
岡部からは『ミスターブラウン』と呼ばれている。
ブラウン管と娘の綯をこよなく愛しており、液晶や綯にちょっかいをかける者に対しては殺意を抱く。
怒らせると容赦なく鉄拳制裁を加えたりするが、基本的に度量が広く優しい性格をしている。
大檜山ビルのオーナーでもある為岡部達にとっては頭の上がらない存在であるが
格安の家賃でスペースを貸したり入居祝いにとブラウン管テレビ(オンボロではあるが)を譲ったりしている。
☆交友関係
岡部倫太郎:スペースを貸している

ドクター中鉢(どくたー なかばち)
多くの特許、ノーベル賞を獲得していると自称する物理学者。世間ではイロモノ発明家と認識されている。
ラジオ会館でタイムトラベル理論を発表した矢先、ジョン・タイターのパクリではないかと岡部に異議を唱えられる。

ジョン・タイター
2010年の@ちゃんねる(掲示板サイト)に突如出現したコテハン(固定ハンドルネームを持つ人物のこと)。
自らを2036年から1975年へIBN 5100というレトロPCを入手するために来たタイムトラベラーだと名乗り
独自のタイムトラベル理論を書き込んでスレッド内に論争を巻き起こした。

第1話関係図



【第一話『終わりと始まりのプロローグ』の内容】
岡部倫太郎は椎名まゆりとともに、ラジオ会館で行われる中鉢博士の講演へと足を運んだ。
公演が始まる前、突如階上に鈍い衝撃音が響き渡る。
上に向かうと、何故かそこには巨大な人工衛星が鎮座していたが、係員と思われる女に追い払われ岡部はその場を後にする。
姿が見えなくなっていたまゆりは階の踊り場に並んだカプセルトイのマシンを熱心に見つめていた。
小銭を持たないまゆりの代わりに、岡部は人気アニメ『雷ネット翔』のマスコットキャラ うーぱのカプセルマシンを回す。
そこから出てきたのは滅多にお目にかかれないレア物である メタルうーぱ だったが、興味のない岡部はそれをまゆりにプレゼントする。

始まった講演の最中、中鉢博士が提唱するタイムマシン理論を「ジョン・タイターのパクリだ」と異議を唱えた岡部は、ひとりの少女に連れ出される。
彼女の名は牧瀬紅莉栖。米国の科学誌に論文を発表するほどの才媛である。
「貴方、さっき私になんと言おうとしたの?なんだか切なそうな顔をしてた……」と紅莉栖は言うが
岡部からしたら紅莉栖とは初対面であり、彼女が何を言っているのかまったくもってワケが分からなかった。

──紅莉栖と別れた直後、ラジオ会館に悲鳴が響く。
駆けつけた岡部が見たのは、先ほど知り合ったばかりの紅莉栖が、無惨にも血の海に沈んでいた姿であった。
動転した岡部はラボのメンバーのダルこと橋田至に、事件の顛末をケータイでメールする。
送信ボタンを押した瞬間、岡部の周囲が静寂に包まれ、秋葉原の街から人影が消えた。
一瞬の混乱ののち、ようやく現実世界へと引き戻された岡部が見たのは、ラジオ会館に落着した人工衛星と思しき物体であった。

ラボに帰った岡部はワゴンセールで売り出されていた『アルパカマン2』で遊んでいたが
いくらマイクで呼びかけても反応しないアルパカマンに岡部は悪態をつきながらテレビの上部を叩く。
すると、ブラウン管はショートするかのような音を発して完全に沈黙してしまう。
故障したテレビを階下に住む大家の裕吾の元へ持って行った後、1時間前に秋葉原で体験した出来事を思い出す。
ネットやテレビのチェックは既に済ませていたが、ニュースで流れているのは謎の人工衛星のことばかり。
紅莉栖が死んだことや通行人の消失に関してはどこも報じておらず、誰も知らなかった。

岡部は気を取り直してラボの開発室へと向かった。
開発中の発明品『未来ガジェット8号 電話レンジ(仮)』に生じた奇妙な現象に関する実験のためだ。
電話レンジ(仮)は携帯電話による遠隔操作で電子レンジを稼働させる事が出来る未来ガジェットだが、最近になって新たな機能を発見していた。
本体に接続された携帯電話に電話をかけ、たとえば60秒なら「#60」と入力する事で通常は電子レンジとして稼働する。
しかし、「60#」と逆の入力を行うと、世にも奇妙な現象が起こるのだ。
まゆりにバナナを持ってきてもらい、電話レンジ(仮)に「120#」と入力して待つこと2分、その機能は作動した。
黄色いバナナは、ひと房がまるごと緑色のゲル状となっていた。
以前まゆりが間違えてキー入力を行ったことで発端でこの機能が発覚したのだが、その時使用したからあげは何故か冷凍されてしまった。
そして冷凍機能の原因を繰り返すうちに、今回の様なゲル状化になる結果が出たのである。
冷凍機能とゲル化機能、これらは時と場合により作動したりしなかったりするため、岡部たちは混乱するばかりだった。

岡部は実験を切り上げ、至(ダル)と秋葉原にある大ビルへと向かう。
彼らが通う東京電機大学の単位として設定されているATF(アキハバラ・テクノ・フォーラム)へと参加するためためだ。
大ビルのエレベーターに乗って5階のドアが開いた瞬間、岡部は出会い頭に誰かとぶつかる。
その相手は、3時間ほど前にラジオ会館の屋上で倒れていた紅莉栖だった。
「貴様は、死んだはずだ」と言い放つ岡部の言葉を聞いたダルは、以前にもそんな内容のメールを岡部が送ってきたことを思い出す。
ダルの携帯電話を見ると、確かに岡部からのメールがあった。しかし、そのメールには不可解な点が2つあった。
ひとつ目は日付と時間。岡部がメールを送ったのは28日の12:54だが、受信日時は21日の12:56となっていた。
つまり、今日送信したメールが1週間前に受信されたことになる。
ふたつ目はメールの内容。
メールのテキストは「牧瀬紅莉栖が」「男に刺された」「みたいだ。男」と6文字ずつ3通に分けて送られていたうえ
文章が途中で途切れてしまっている。
しかし、送信日時と文面は紛れもなく岡部が3時間前にダルへ送ったものだった。


第1話の内容はこんな感じでしたね。なんという密度・・・・・・
大事な部分は赤字で、固有名詞的なものは青字で強調してTIPSで補間しておきました。
とりあえず、第1話時点での謎をピックアップ。
①ラジオ会館上に現れた人工衛星

②紅莉栖が最初、岡部に言った台詞

③誰が紅莉栖を殺したのか?

④秋葉原から突如姿を消した人々

⑤いつの間にかラジオ会館に墜落していた人工衛星

⑥誰も秋葉原での事件を知らず、岡部の発言が周りと食い違っている

⑦電話レンジに起こった冷凍、ゲル化現象

⑧今日送信したメールが1週間前に受信されている

⑨メールの内容が6文字×3分割されており、途中で途切れている


1話で謎が9つも出てきましたが、話が進む毎に少しずつ謎が解明されるので深く考えずに気楽に楽しんでください。
第2話で重要となってくるのは⑦なので、とりあえずそこだけマークしておきましょう。
それでは、今後もテレビアニメーション『STEINS;GATE』をお楽しみください。

【TIPS(from episode1)】公式からそのまんま持って来ちゃったてへぺろ☆
tips1.jpg
スポンサーサイト
この記事へのコメント
この説明を読んでシュタゲをやりたくなったらちょうど友人が買ってた

ミンゴスの声聞いて終わりで良い気がしてならない
2011/04/15(金) 12:30 | URL | とあるM@HOの一方通行 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://witheraway.blog59.fc2.com/tb.php/222-9c55b8b5
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 冬枯れトランペット All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。